養生訓・健康体操・極意

龍門寺師家河野大通老師ご指導_ これほど親切な教えはないと思う、姿勢を整える、呼吸を整える、心を整える、数息観、随息観、まで、免疫力アップ!
慈眼寺住職塩沼亮潤大阿闍梨、 妙心寺退蔵院副住職松山大耕、 三重県知事鈴木英敬、鼎談。
第4章「食べない投資」短期間の絶食が、慢性炎症の改善に働くことが、最近の研究で明らかに、、、
慈明曰く「古人刻苦光明必成大也」河本院長は坐禅し「数」「随」の境地を練り鍛えて三昧に入り、氣功を不可思議の領域へ、、、
腕が痛くて挙がらない五十肩の施術は「肩関節が前下方あるいは前上方にわずかにずれている」のを腕を牽引して矯正する。院長の会得した「あしびきのやまどりのおのしだりおのながながしよをひとりかもねむ」柿本人麻呂、効果抜群である
大隅良典博士 2016年ノーベル生理学・医学賞大隅良典博士の「オートファジー(自食)の分子機構」は [fasting](断食)の生物体内で生じる細胞内のごみを浄化するメカニズムを解明したことになる。 「オートファジー」解説 東大TV / UTokyo TV 1日1食を30年実行している音楽家三枝成彰氏は70歳を超えて大活躍されている。 河本院長は1日2食(朝と晩)を実行している。
人は、常に元気(生まれた時にそなわった氣)を惜しみ、減らしてはいけないという。
この体操を紹介するのは初めてです インターネットでも私は見たことがありません 発想は ①人体骨格は哺乳類とおなじである ②五十肩の大多数は肩関節の前方亜脱臼である ③四足歩きをすれば改善するのではないか? 先ずは自分の体で試行錯誤し歩かなくとも 肩で体重を交互に受け止める型とした 早速、患者に五十肩の肩関節施術の後...
”中心の鉄扉を開かずして生涯を終わるるものは、米を抱いて餓死するが如し”_ 肥田春充
古代ギリシャ紀元前460~357年、医聖Hippocratesの箴言  ☆Walking is the best medicine to us human beings. 歩くことは人間にとって最良の薬である

さらに表示する