南龍気功術とは?


橋杭岩_串本観光協会提供
橋杭岩_串本観光協会提供

日本古神道伝 南龍気功術

  御宗家HPから転載

この気功術は、日本に古代より神道系に伝わる日本古来の氣功術です。

中国の氣功とは関係ありません。

寺西弘陽師が宇賀神龍仙先生より伝授を受けた後、独自の工夫を加えて完成した治療法です。


石倉神社_お燈まつり(新宮市)


氣功術で治る症状

適 応 症

外傷とスポーツ障害

筋肉損傷・むち打ち症・ぎっくり腰・腱鞘炎・坐骨神経痛・膝痛・事故後遺症・ヘルニア症・関節障害・五十肩

自律神経失調症

腰痛・肩こり・耳鳴り・疲労感・不眠症・動悸・頭痛・ストレス

婦 人 病

生理不順・生理痛・子宮筋腫・更年期総合症

各種慢性病

高低血圧・痛風・冷え性等・糖尿病・肝臓病・腎臓病・その他の内臓疾患・不安・恐怖・精神的な事・その他原因不明による症状

眼   病

乱視・飛蚊症・眼精疲労・白内障


氣功治療の特長

手を触れないで、又軽く手を触れて患者さんに氣を放射して治療する。

テイシンを使って、熱・冷えを抜いたり、氣穴から氣を入れて治療する。

手を触れないで、又軽く手を触れて、骨を動かして正常な位置に戻す。