· 

肥田春充の強健術 超人的潜在パワーは思いのままに

肥田春充
肥田春充

肥田式強健術とは、正しい姿勢を獲得することである、

正しい姿勢とは「正中心」を得ることである、

正中心は「丹田」を鍛えることで感得出来る、

①腰を反って腰と腹に等分の力を入れる

②上体絶対柔軟

③重心を両足の中央に落とす

④上体垂直

完璧な姿勢をとった場合、全身のあらゆる無駄な力が集中し、人体の物理的重心が両足の中央に垂直に落下する。

①両足の中心線が直角に交差し、しかも、両足の踵の間隔が肩幅よりもやや広めに立ち、上体は垂直にして腰を十分に反ったとき、臍(A)から水平線を後方へ伸ばすと、腰椎と仙骨の合点(B)で交わる。

②地骨結合(D)

③三角形ABCに内接する円の中心(O)が正中心である

④腹腔部に力を集中すると、この内接円を含む球形が自覚できる。

⑤この球形の表面から求心(O)に向かって同一量の圧迫力を加えると、その力は垂直に落下して、両足で形成している台形EFGH(支撑底面)の中心Pに一致する。

⑥正中心Oに集中された力は同時に反発して垂直に上昇し、脳幹聖中心部を貫く

 上体(頭部、胸背部、腕)、中体(腰腹)、下体(下肢) 

  • 上体 柔軟(虚にして虚) 拡散力
  • 中体 強剛(実にして実) 凝集力
  • 下体 軽快(虚にして実) 拡散力

腰腹の特徴は

〇腰は下体を司る枢軸

 攻撃、敏捷、動的

{腰腹同量}{動静一致}

〇腹は上体を司る基点

 防御、堅実、静的

{腰腹同量}{動静一致}

☆腰を重点⇒重心は爪先におちる、落ち着きを失い軽躁んいなりやすい

☆腹に重心⇒重心は踵に堕ちる、鈍重になりやすい緊急時間に合わない

☆腰腹同量⇒両者の特色は渾然融合されて偉大な活動をなしうる

仙骨神経叢より脊髄神経を通して大脳思考中枢の働きを停止させ、無念無想の境地が生理学的に現前される。この現象は一朝一夕に行くものではない。しかし、毎日強健術を継続すれば心身ともに強健となり、無病息災を得ることは間違いない。

学研mu_books鉄人を創る肥田式強健術より