· 

スポーツ障害!神経・血管損傷をともなった骨折・脱臼の対処法は?

スポーツ中には大きな力が加わることによる骨折や脱臼が起こります。スキー・スノーボード・アメリカンフットボール・バスケットボール・バレーボール・ラグビー・パラグライダーなどで発生した場合には骨折・脱臼とともに神経や血管が損傷する場合があります。この時は、激しい痛みとともに、ショック状態を引き起こします。膝関節の裏側にある膝窩動脈がやられることが最も多く関節の周りが腫れあがり血行障害で足部分が蒼白となちます。直ちに救急車を呼び、6時間以内に血行再建手術の可能な病院へ搬送してもらうこと。救急車が到着までの処置は、患肢の固定・冷却・拳上(患部を心臓より高く)・頭は下げる(ショック状態緩和)です。山間僻地であればヘリコプター搬送となります。バスケットボール・バレーボールなどジャンプする競技に多く発生し、しかも発育期・成長期の選手たちに集中しています。