· 

スポーツ障害!肩の脱臼(2種)サッカー・ラグビー・柔道など肩鎖関節脱臼・肩関節脱臼とは?


肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼のクラス1度(上の図)肩鎖靱帯の損傷・烏口鎖骨靱帯の損傷

肩鎖関節脱臼のクラス2度(上の図)肩鎖靱帯の断裂・烏口鎖骨靭帯の損傷

肩鎖関節脱臼のクラス3度(上の図)肩鎖靱帯の断裂・烏口鎖骨靱帯の断裂

 肩鎖関節脱臼=サッカー試合中、ゴールエリア内でのヘディングの競り合いで、肩甲骨と鎖骨とをつなぐ靱帯をいためて脱臼するケースが多く見られます。ラグビーのタックルでもよく起こります。症状は痛くても自分で少々動かせる。鎖骨の一番肩に近いあたりに圧痛を覚えだんだん腫れてくる。応急処置は三角巾で腕を吊り(固定)患部を氷で冷やすこと必ず専門医に診てもらうこと。治療は冷却と固定療法です。1度は回復までに1~2週間。2度は二ヶ月。3度は鎖骨と肩甲骨との全ての靱帯が断裂しており手術が必要で長期化します。


肩関節脱臼

肩関節脱臼の図

 肩関節脱臼=サッカー・ラグビー・アメリカンフットボール・柔道などコンタクト系スポーツで衝突あるいは転倒により腕に後方への強い外力が加わった時上腕骨が前下方に脱臼します。腕は全く動きません反対の手で支える状態です。靭帯を痛めるので素人が動かすことは厳禁です。腕を固定して直ちに専門医もしくは腕の良い気功整体院・整骨院で整復してもらうこと。整復後は専門医でレントゲンあるいはMRI診断を受けていただきます。3週間は固定しないと習慣性の肩関節脱臼になります。