· 

脳梗塞 左腕左足の麻痺が改善!さすりの術!南龍気功勉強会

012/9/23(SUN)南龍整体術の気功勉強会が愛日会館で開かれた。南龍鳥取整体院の谷本順一院長から伺った話である。脳梗塞で左半身に麻痺のある患者さんに江戸時代の小児マヒの治療術であった「さすりの術」と脳梗塞の脳髄への気功治療を実施したところ車の運転ができる程に改善したとのことである。脳梗塞発症から6ヶ月後の治療においてである。改めてさすりの術の不可思議な神秘な力を確信した次第である。私は発症して入院、二週間の患者さんの右手右足の拘縮を「さすりの術」で治癒した体験がある。再発症しステント手術、リハビリ病院退院後において3回の「さすりの術」で左右の感覚の違いをほとんど違和感ない状態にした経験がある。6ヶ月後でも効果がある実例は素晴らしい情報である。 南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨