· 

人とチンパンジー骨格の違いは?

 

進化の過程で人類は、二足歩行ができる骨盤を獲得した。このおかげで脳の巨大化を獲得できた。チンパンジーも、二本足で立ち、歩くこともできる。が、その状態を長く維持できない。骨格が大きく違うためだ。

 

 1.チンパンジーの背骨は頭骨の後ろについている。ヒトの背骨頭骨の真についている。

 

 2.ヒトの背骨はS字形(横から見て)に曲がっている。重い頭部をスプリングのクッション作用で歩行時の頭部への衝撃を緩和している。チンパンジーの背骨は直である。四足歩行。

 

 3.チンパンジーは大腿骨が骨盤から真下にむいてついている、ヒトの大腿骨は骨盤の内側に向いている(脛体角120度)。

 

 このような特徴をそなえて、ヒトの直立二足歩行が可能になった。