· 

院長秘密:治療は意識の稽古から?!「気・心・身」気は前に心は残し身は後に置く!木鶏伝

「氣・心・身」 氣は前に心は残し身は後に置く。別法あり。これ古武道の極意の一つなり。深く稽古すべし。木鶏語録より。

2012/10/29MON:木津川市までサイクリング往復70km走破した。意識の稽古して気づいたことを備忘録として記す。自分だけのために。

①丹田をcoccyxでしっかり掴んで下丹田に収める意識。身は後に置く。

②腰の前弯を残した意識で背中を後弯する。三角の鉦。

③膝を引き上げる意識を止め、左右脇腹への意識によって膝が引き上げられるようにする。心は残し。膝抜き。

④上腕・肩のちからをぬく意識により推進力の無駄を省く。三角の鉦。

⑤前提条件:顎をひき頸椎を意識する。手の指先の意識・掌に金の玉を隠す。手根骨>尺骨>橈骨>上腕骨>肩甲骨>鎖骨>胸骨>肋骨>脊柱>仙骨>尾骨を意識する。

セイタカアワダチソウを堤防で引き抜いたが、③の意識の有効性がここでも確認できた。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨

追記:2013.5.5 施術意識_備忘録(院長秘密)

①背骨(back bone) :足趾・仙腸関節・仙骨・腰椎・胸椎・胸骨・鎖骨・肩甲骨・上腕骨・橈骨・頚椎・百会・眉間・喉仏・胸骨

②五指の大地嵌入 :下丹田・仙腸関節・膝関節・踵・足趾・五指・大地・潜り込む

③下丹田(押忍)気を下へ:五指大地を掴む・Backbone・下丹田前回転(押忍)気合・Suu(気合)_大田師範(スー)如何に?

追記:2013.5.15 施術意識_備忘録(院長秘密)

意識とは下丹田の意識也。大地にアースした下丹田をもって、治療したい場所に動かしたい方向に意識で動かす、体が後追いする。仙骨の動きが良くなった。前方へ滑った腰椎4番を引き出せた。固い頸椎6番、7番を動かせた。肩関節の調整がらくになった。

追記:2019.4.21 (院長秘密) 勉強会にて、御宗家の極意は「呼吸」なりと感得した。仙骨調整”覗き”態勢にセットして下さったとき「タイヤ」「腸骨いっぱいに膨らませ!」に従い自分は「数息観」三昧なる。師が「吽!」と云われた時は嬉しかった。