· 

頭蓋仙骨治療法_"Your Inner Physician and You"_John E.Upledger

南龍整体術の頭蓋骨調整(神合)及び股関節・寛骨・仙腸関節・仙骨・脊柱調整は400年の歴史ある術です。アメリカで20年余り前、開発された治療法”CranioSacral Therapy頭蓋仙骨治療は、南龍整体術の治療効果を現代医学が追認するものです。記事によると治療効果は、頭痛80~90%の確率で治る。椎間板ヘルニアを含む腰痛などの慢性痛も効果は絶大である。あるタイプのうつ病には非常に有効である。更年期障害にはすべての症状を根絶して完治している。関節炎は優れた反応を示し効果的である。など。
頭蓋仙骨治療は、頭蓋骨の可動性も利用するが、より深い硬膜や髄液システムに対するマニュピュレーション(手技)に重点を置いている。非常に軽い力を使う。患者は自己に潜在するエネルギーを用いて自分の頭蓋仙骨システムを治療する。

南龍整体術は御宗家から力は使うな意識の操作で治療せよ!と常に御指導頂いている。南龍気功治療は力を全く使わない明確な意識の操作だけを使っている。患者さんの自己治癒力を最大限活用している。
CranioSacral Therapy”はアメリカの通常の医療機関には未だ認められていないようですが、この治療法を採用する病院があるとのことです。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院