· 

どんな治療をしてもなかなかよくならなかって、ここへ来ました。

どんな治療をしても なかなか よくならなかって、ここへ来ました。細かい所までよく見て下さり、気持ちが変わりました。今までの体とことなり ちがった部分が 動いて らくになりました。これからも お願いします。
南龍整体術ミロク気功整体院からのメッセージhospital
主訴:両下肢(特に左)のしびれ、両足裏の冷えとしびれ、腹部の違和感、両脚のこわばり感、痛みは無し。左股関節ゴキゴキ音がする。
経過:17年前両手が動かなくなり頸椎3番4番手術、左腓骨切断し頸椎へ。握力40㎏回復。その後ある運動で脊柱2か所圧迫骨折。
診断:座位で右に傾く。左足肢外旋3cm短い。左股関節前方亜脱臼。仙骨右。腰椎右が前へ。脊柱側弯。
治療:すべての原因は左股関節と診断し施術。南龍整体術の施術をし腰椎まで調整した、下肢のしびれは改善はしたが残る。腰椎の前弯はきれいに出来ているが脊柱の起立筋が妙に固い。交差法でほぐし。天秤法でほぐし。現れた腰椎の歪みを矯正。しかし、しびれは残る。脊柱に大きく影響する頸椎1番を調整しようとして7番が左に歪んでいるので矯正し気功で頸椎全体に気を流し固い筋を緩める。1番右後方ズレを矯正。しばらく氣を流して様子を見る。肩から上がすっきりしたとのこと。太ももの前面がかたくこわばりがあるとの訴え。縫工筋を秘の当てでほぐす。最後に、もう一度、仙腸関節・股関節・腸骨・仙骨・骨盤調整し、腹臥位で仙骨頭と腰椎5番4番の横ずれをユリで矯正。しびれは完全には取れなかったが相当楽になった様子。