· 

正面衝突による「むち打ち症 Whiplash」は頚椎1番が損傷する。

追突事故(正面衝突含む)の症例統計によると、頚椎1番が損傷することが多い。頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、不定愁訴を訴える。症状が何時までも改善しないで辛い思いをする。

南龍整体術気功術の技法で、骨盤から全身を調整した上で頚椎、なかんずく軸椎(頚椎2番)、環椎(頚椎1番)を丁寧に矯正すると、症状がとれてスッキリします。

関口流柔術富田派誠武館に400年伝承する頸椎牽引法は器具等は使用しない術者の体技且つ意識の技です。整形外科の器具による首の牽引で症状の改善しない方、ご来院くだされば御納得頂けます。