· 

肝臓はどんなはたらきをしているのか?気功で肝炎が治るか?

Ans.肝臓は栄養素代謝保存解毒胆汁の製造などをしている人体最大の臓器である。

南龍気功術の施術_南龍整体の施術で骨盤の水平垂直位の矯正、脊柱側弯矯正(胸椎8番が肝臓)、頭蓋骨調整の後、気功による施術を試みます。初回の施術で気持ちがよくなれば再来院して頂き、体調が良くなるようなら患者さんの判断で継続、病院による検査データーが改善されれば最高です。

肝臓は全身の血液の四分の一が流れている巨大な臓器であり、再生能力が高く手術で四分の一が切除されても数カ月で元に戻る。
代謝機能:糖類はグリコーゲンに、余った分は中性脂肪に。脂肪はコレステロール、脂肪酸、リボたんぱくの原料。アミノ酸は各種タンパク質の合成に用いられる。
貯蔵機能:グリコーゲン、アミノ酸、鉄分、ビタミンA・B12・Dなどを蓄える。
解毒分解機能:アルコール、アンモニア、老廃物、薬剤を分解する。また、免疫機能の一部を担う。
胆汁製造機能:脂肪を消化する胆汁を製造する。
そのの機能:血液凝固因子の製造。ホルモン量のバランス調整。