· 

踵が痛い!足底腱膜炎といわれました 治りますか?

Ans.南龍整体術気功術で治ります。
踵が痛い。朝、寝起きが特に痛くて歩けない。動いていると次第に痛みが和らぐ。マラソンや激しいスポーツで足底腱膜が炎症を起こしている場合は冷やして安静にすることで症状は緩和されるでしょう。足底筋膜炎の場合は、股関節と骨盤を精密に矯正し膝関節と足首関節の調整、そこから足底筋膜炎の施術をします。

しかし、中年になって踵が痛みだす症状の場合、坐骨神経の障害である可能性が高いです。下肢の外側が、もやもやする、重だるい、感じがしたら100%坐骨神経による痛みです。足底腱膜の炎症ではありません。南龍整体術には股関節の矯正、骨盤の矯正、(仙骨の調整)、腰椎の矯正をする技法が江戸時代から伝承しています。当院の経験では仙骨・腰椎5番・4番の歪みを丁寧に正確に矯正すると痛みが緩和します。仙骨が大きく歪んだ場合骨盤内で太い坐骨神経を抑えている場合もあります。