· 

ぜんそく・自律神経、今日のオペを次回もお願いします

自律神経失調症で治療中の50代の男性、いつも施術中に何度か咳をされていました。脊柱を調整するときに突然自律神経の影響で咳が出るのです。今回、全く咳が出ないで施術終了しました。患者さんから「今日のオペを次回もお願いします」と申告されました。

河本院長からのメッセージhospital 股関節から調整を始めて骨盤調整の最後、左仙腸関節と左上後腸骨が右より高くなっているのを揃える調整をしますが、腰椎5番・4番が左後方亜脱臼(南龍整体術の診断名)であるのを確かめたので先に横臥でこれを矯正しました。それから骨盤の調整をしました。この手順が左足底の痛みと違和感もとれて大変気持ち良かったようであります。続いて胸椎、頸椎の調整をしましたが咳は出ませんでした。