· 

腰痛足の指のしびれ膝の痛み_絶対痛い動作も先生がやられれば痛くないのです。

初回治療後の感想文

一年前ごろから膝が痛くなり、整形外科、接骨医などを受診しましたがいっこうによくならず半ば諦めていました。今日、ふっとネットで検索をしていて先生のところのホームページが目に入り早速電話をし治療をしていただきました。

感想としては不思議な感じでした。普段ならやれば絶対痛い動作も先生がやられれば、痛くないのです。腰痛、足の指のしびれ、膝の痛みその他いろいろな問題がある体なので先生も大変だと思います。治療を終え少し疲れましたが、いい方向に向かう様な感じがしました。 O.I

南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨からのメッセージhospital

主訴:①両膝痛(1年前から)、②両足指のしびれ(10年以上前から)、③腰痛(30年くらい前から)、④姿勢が前かがみで猫背。⑤10数年前パーキンソン病の診断を受けた。

診断:股関節の変形があり、骨盤が立ち位で左腸骨が右腸骨より数センチ高い。腰椎が右へ大きく歪み背中が逆”く”の字型に曲がり、肋骨は左右で全く違う形になっている。

治療:股関節の調整後、骨盤の矯正(仙腸関節・腸骨・仙骨の調整)を徹底的に施術しました。無理のない範囲で腰椎5番4番3番2番1番を調整しました。

結果:①両膝痛は痛みが軽減、②両足指のしびれは解消、③腰痛はなくなり腰が軽くなりました。④姿勢少し改善。施術が痛くないのに楽になってゆくのが不思議だとおっしゃいました。

2回目の治療:股関節・骨盤・腰椎の調整後(初回と同じ)、胸椎1番・頸椎7番6番の矯正をしました、関連して頸椎5番から1番まで調整しました。気功によるパーキンソン病の治療を施術しました。

2回目の結果:①膝の痛みがなくなりました(椅子からの立ち上がり)、②施術翌日、(親指側はOK)小指のしびれが少し出たのが解消、③翌日腰のだるさが少しでたのが解消、④頸椎調整で、首の左向き・右向きの可動域が改善。⑤立ち姿を鏡で見て、体の歪みが少なくなったとおっしゃいました。

治療方針:骨盤と腰椎が安定するまで週2回の施術をします。毎日、自宅で骨盤と脊柱の調整運動をして頂きます(方法は指導)。胸椎の歪みは変形があり整体で矯正するのは危険なので気功で少しずつ改善してゆきます。骨盤と腰椎が安定すれば週1回の施術も選択肢です。患者さんの希望とします。パーキンソンの気功施術は毎回します。胸椎が矯正されれば月1回のメンテナンス施術を受けられることを理想とします。