· 

腰椎ヘルニア手術5年後再発して右下肢麻痺腰重だるい30代男性

30代男性。5年前腰椎ヘルニアの手術をした。腰椎4番から仙骨頭にかけて12cmほどの手術跡のある患者さん。腰椎ヘルニアが再発した時は立てなかった。MRI検査で右ヘルニアと診断。AKA医療を4回受診した。キネシオテープで楽になったとの事。

主訴:”右下肢の麻痺”と”腰の重だるさ”。整形外科で「梨状筋症候群」と診断された由。

施術:南龍整体術により手術部位をcheckしたところ股関節・骨盤は整体が出来ると判断し骨盤の水平垂直位を矯正した。腰椎の左回転性亜脱臼は気功で対応した。

check:腰が軽くなり、右下肢の麻痺はなくなった。

左仙腸関節部に張りを感じ少し痛い→気功により解決した。

1週間後(2回目):「体調はどうですか?」。「痛み自体はありません、重だるさもありません。寝違えたか腰からか、2日前から右肩が張ります。痛み?も」。

施術:股関節・骨盤矯正と腰椎の天秤法による調整(L5・L4・L3)手術ケ所OKでした。胸椎の右膨隆は側臥位回転法による施術。右肩の症状は無くなりました。

来週、骨盤と脊柱の歪みが許容範囲内であれば完治です。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨

 

2013/10/10 旧ブログ転載