· 

膠原病発症以来、毎日頭が重く耳鳴りがずっとあったのが気が付くと止まっていました。K.F

2007年に膠原病を発症し、以来 毎日 頭を重く感じ、常に頭をささえながら生活をしていました。

本日 2回目でしたが、首が左右に楽に動き、天気が悪く 耳鳴りもずっと有ったのが、気が付くと止まっていました。

大なり小なりの耳鳴りを日々感じてすごしていたので、とてもスッキリとしています。K.F

40代女性。

主訴:①めまい(平衡感覚異常、右へ倒れる)と耳鳴り。②便秘。③首、右向くのがつらい。痛い。右後ろに塊がある。

39歳の時40度の高熱が3週間続いて(ステロイド大量投与),一時は車椅子の生活だった。薬は今は止めている。AKA治療を去年3月から毎月1回受診している。

診断:股関節・骨盤の歪みからくる脊柱側弯がきつい。脊柱は腰椎と胸椎は全て右後方亜脱臼(南龍整体の用語)。C1と頭蓋骨関節が約20度右へずれている)。頸椎2番の棘突起が右に出ている。

施術:骨盤調整に時間をかけて徹底的に矯正した。結果は脊柱側弯が直になった。しかし、脊柱の旋回が残っているのでそれを調整した。腰椎L5L4L3L2L1と胸椎Th12を矯正した。胸椎Th2Th1頸椎C7C6C5C4C3C2調整後C1・頭蓋骨調整(南龍整体には施術法が伝承している)。首右後方のしこりが消え、右方向回転が左と同じ角度までスムーズに出来るようになった。この時、耳鳴りはどうですか?と聞くと、あっ止まっている!と云われた。目まいはどうですか?立ち上がって、ダメです右へ倒れます。高熱で右耳の三半規管が壊死しているとの事。

右耳の耳鳴りは止まった、次回は、右耳の気功施術を試みる。三半規管を蘇らせたい。

CHECK:コメントの如し。

尚、初回施術後は、2日間毎日便通があった。帰省したら5日間便秘した。首は少し楽だった。目まいと耳鳴りは変化なし。

院長の一言:2回目の施術はPerfection! 完璧だった。自画自賛。いつもは反省ばかりです。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨