· 

足も腰もとても楽になりうれしいです。下肢の痛みシビレ違和感が無くなりました。K.N

今日は2回目の治療を受けました。足も腰もとても楽になりうれしいです。このまま治療を続けてもらって よくなるとうれしいです。K.N

70代女性。一昨年7月病院でMRI診断L5/S椎間板ヘルニアの疑いの診断。症状は両下肢(特に右が悪い)膝下の前面、外側、裏側(移動する)の痛み、シビレ、違和感。最近は足の甲や足の裏も痛みが出るので歩きにくい。痛み止めの薬(朝・晩)処方され飲んでいる。

診断:椅子に座り、前屈・後屈あるいは左右回転や左右側彎しても右足甲の痛みに変化なし。したがってL5/Sヘルニアによる症状ではないと判断する。すると患者さん曰く、病院でL5/Sブロック注射したが症状は改善しなかったので下肢のMRI検査したが下肢も異常なしだったと。

施術:右股関節が悪い(申告)臼蓋形成不全のようで動きに制限有。南龍の股関節調整をし、上前腸骨棘の調整、上後腸骨棘の調整、仙骨の歪みを戻す方向に押すと下肢の痛みがましになるとの事、仙骨の調整を徹底的に施術した。結果下肢の症状は完全になくなった。腰椎L5~L1を調整して(L4以外は左後方亜脱臼)施術は終了。

check:腰の構えはCからS字(腰椎の前弯)となり且つ腰は非常に柔らかくなった。主訴の症状は無くなった。

院長の一言:初回施術後の症状改善は1日しかもたなかったとのこと。2回目の今回、股関節・骨盤の矯正が何日間保持されるか?。筋肉や神経は歪んだ状態が正しいと認識し戻そうとする。来週、ご来院頂き身体の状態を診て次の施術法を検討したい。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨

 

2014/1/7 旧ブログ転載