· 

肩こり首のこり心臓の動悸にあわせて頭痛がある

60代女性。主訴は肩こり、首は湿布を張りたいほどのこり、心臓の動悸に合わせて頭痛がある。

股関節調整、骨盤調整、腰椎調整、胸椎調整、頸椎調整の後、座位で頸椎を確認したところ、C1とC2の間に米粒ほどのかたい塊があり、ここがおかしいと患者の申告。脊柱側弯がある方で診ると頭蓋骨右側が前方へずれている。南龍整体術の「基本型24」を施術すると上部頸椎の歪みが明瞭に現れたのでそれを矯正し、最後に南龍整体術の「お鉢回し」でC1にのる頭蓋骨の前方亜脱臼を矯正。

check:肩こり首こり、動悸に合わせた頭痛は解消した。

院長の一言:頸椎には左右に椎骨動脈が通じており頭蓋骨内で合体して脳底動脈となり小脳と大脳へ血液を供給している。頸椎の歪みは動悸に同期する頭痛を起こす可能性が大きい。

上部頸椎が歪みんでいる場合、まわりの筋肉が固くし凝って太くなり触診しても椎骨の棘突起が判らない。「基本型24」を施術すると筋が柔らかくなり歪みが見えてくる。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨