· 

左顔のしびれ スッキリとれました M.K

顔にしびれがありましたがスッキリとれました。

腰も楽になり、立ち上がった瞬間、地に足がしっかりついていることにおどろきました。M.K

30代女性。

主訴:①1週間前から、顔の左半分がしびれている。後頭部も左半分しびれている。左腰痛から始まった。

②左腰から左脚の側面がくるぶしまでしびれる。左足の指がしびれる(年に1から2回症状が出る)。

③左手の五指がしびれる。

④万年、肩こり。

診断:胸椎の右脊柱側湾(中学1年で側湾がわかった)。腰椎は歪み少なし。肩甲骨は左右ともに数cm右に歪み、右肩甲骨が後方膨隆し左より約3cm低い。頚椎はかたい。

頚椎のC1・C2・C3から出る神経は後頭部から顎や耳の皮膚の感覚を支配している。側湾がきついので脊柱を支える腰椎と仙骨および仙腸関節に負担がましてL神経とS神経の支配域の皮膚感覚にしびれを発症している。

右肩は四十肩。

施術:①四十肩の矯正。ここから施術開始と直感して。

②背臥位で胸椎Th7~Th1をゆりで調整.C7~C1ゆりで調整。ストレートネックによる頭蓋骨のずれをお鉢回しで矯正。南龍の秘伝による脊柱の牽引で頚椎と胸椎の矯正。

check:顔のしびれは減少している。

施術:②股関節および骨盤の調整。

check:顔のしびれ消滅する。

施術:③念のため、頚椎を診断するとC3がスムースに動かない。固いので、南龍の基本型「天井を見る」および、脊柱の牽引を施術して終了。

check:感想文の如し。手五指のしびれ、脚のしびれもありません。

院長の一言:南龍整体術の基本は股関節・骨盤を矯正してから脊柱を調整する。

今回、身体の歪みが肩甲骨から首に集中しており、主訴が顔のしびれであることから実験的に変則の施術となった。骨盤の矯正でしびれが消滅した事は南龍の正しさの証明であった。

 

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨