· 

竹田益州老師墨跡「一日不作一日不食」臨済宗建長寺派瑞光寺へ 南龍整体術ミロク気功整体院

竹田益州老師「一日不昨一日不食」

臨済宗建仁寺派霊洞院

建仁僧堂師家竹田益州老師の下で御修行された遠藤楚石禅士が博多の承天寺へ住山されることが決まった時、石さんが私に授与してくださった墨跡である

楚石禅士がおられたので臘八大接心や雨安吾大接心に建仁僧堂で坐禅する御縁が出来た

以来、毎年臘八大接心には必ず参した

この20年ほどは朝の白隠禅師「臘八示衆」提唱を拝聴している

この墨跡は縁あって臨済宗建長寺派瑞光寺の前川宗玄和尚のもとへ落ち着くことになった

建仁僧堂で御修行中の雲水宗玄禅士が把針灸治に開院したばかりの南龍整体術ミロク気功整体院へ来院

在家出身の彼に何度かお会いする、ふっと、住持されるとき、この墨跡を差し上げる気になった

建長寺派管長吉田正道老師は竹田益州老師の法嗣である

建仁僧堂の臘八大接心で直日てっさん(吉田正道老師)の警策を受けたのが懐かしい 互いに合掌する眼に熱い涙が光った、40数年前のことである

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨