· 

施術の心は身樂清淨句是菩薩位_南龍気功術勉強会_宗家寺西弘陽

2016年1月24日(日)南龍気功術勉強会in新大阪

関口流誠武館富田派第14代御宗家寺西弘陽師の語られた施術者の心、

”しんらくせいせいくしほさい”

身樂清淨句是菩薩位

(理趣経)

御宗家の講座は、真言密教の身・口・意、である、

講座の休憩時、いろんな雑談のなかで、究めを指示される、

昔、或る鍼灸大家の弟子で修行が終わり治療院を開く方を、1か月ほど串本治療院で勉強させたいと頼まれ預かった、

治療させると「これは治りません」と患者に言うのだ、

たとえば、骨粗鬆症で曲がった背中は治らないが、しんどさは楽にしてあげられる、その心が無い、鍼灸の師匠に「こいつは開業させてはあかん」と云うた、はたして、開業してすぐにつぶれた、

「しんらくせいせいくしほさい」(口:呪文をとなえられた)

御宗家の雑談の宝石を見逃さず受け継ぐのが楽しみである、

***河本院長施術のこころ***

身樂清浄句是菩薩位

日本古武道伝_南龍整体術気功術_ミロク気功整体院_河本馨