· 

椅子に座っていると腰痛がきつくて立つ症状、腰椎4番の巨大な歪みが原因だった ミロク気功整体院

40代女性

主訴:

背中痛、腰痛、左股関節痛、首肩痛、左仙腸関節痛、右坐骨違和感、

診断:

左股関節が拘縮して動きにくい、骨盤は右が高く左が低い、仙骨は左に横ずれ、

脊柱は腰椎の後弯、左側膨隆、腰椎は右側弯、胸椎は左側弯し上部は右側弯、頸椎は左側弯、

坐位で診断中、先生起ってもいいですか?腰が痛くなってきました

ロキソニンのはり薬を常用とのこと、今日は張っていない

20歳、空手を習った時80kgの男性を背負ってヘルニア発症、下肢にシビレと痛み、激痛で椅子に座れなかった

施術:

坐位で瀉補氣功

気針で骨盤と脊柱を氣功のあと

治療ベッドにて

股関節調整左は痛み訴える筋の拘縮でしわい動き

足指は左が外旋して右より長い

仙腸関節調整、仙骨調整、骨盤調整、

脊柱の基本調整により脊柱のW型歪がほぼ直線になる

坐位になり、肩の不調を訴えるので五十肩の調整をしようとすると

先生坐ってられません左腰(左仙腸関節辺り)が痛いです

何時もは腰の真中が痛いんですが今は此処です

脊柱をチェックする

棘突起をたどると真直ぐであるが強く押し込みながら触診すると

腰椎4番の棘突起は本来の位置から右側1cm奥に塊が現れた

巨大なずれである

回転法で矯正すると

別人になったような感じ”とおしゃった

治療ベッドで股関節をcheckすると

左股関節が柔らかくなっていた

先の痛みは無くなっている

そして立った時”足の裏で踏んでます

帰りに玄関で”久しぶりに生きてる感じです

と云われました

治療家冥利に尽きるうれしい瞬間

感謝!

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨