· 

眼瞼下垂、目の乾き、目の疲れ、氣功”頸椎の気針治療”で視界が開けスッキリ、南龍気功術勉強会にて体験

2017年9月24日(日)南龍整体術氣功勉強会 串本気功整体院新大阪分院 ミロク気功整体院長河本馨は78才十数年前から 左目に老化による眼瞼下垂があり 視界が上下二重に見えるので目が疲れる ふらつく、物を見て誤認する、手元が狂う さらに最近は目が乾く、目に唾を付けたくなる 氣功勉強会に於いて御宗家から気針の使い方の例として 胸椎1番から上に向かって頸椎7番6番5番、、、頸椎1番後頭骨まで 気針治療を体験した 先ず触診される感覚を体験した つづいて 椎骨の回転歪を戻す気針施術は、 椎骨に気を感じる、 背中に無漏世界を感じる 回転が正常に戻った瞬間、御宗家の触れを感じる 椎骨の横ずれを気針して終了 check: 視界が開け、明るくなり、ピントが良くなり、左右の目の視界が揃った 頭がすっきりした 御宗家曰く: 左目眼瞼下垂が改善しているね 院長一言: 25日17時、左右視野差は改善を保っている 学得底より体得底 勉強会は有意義 、 日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨