· 

左腰の強張りと頑固な肩こりが仙腸関節の基本調整で治る_知られざる整体術は妙術なり

2014/7/13(Sun)"知られざる整体術"=南龍整体術の整体師養成講座を聴講した。

御宗家は股関節と骨盤を指導された。

講義を聴き、御宗家と各師範の施術を見取り稽古することにより私は進化したようだ。

翌日からの治療で、基本調整で仙腸関節が「ピッ」、と動いたのが3例ある。

70代女性。昨秋、整形外科で「すべり症」と「脊椎管狭窄症」と診断された方で「歩けないなー!」と云って来院。10mから20mで足が前へ出なくなる。

南龍整体術により、ゆっくりなら京都駅から西本願寺さんまで犬の散歩をするように改善して、毎月1回のメンテナンスに来院された時の事です。

左仙腸関節を基本調整(置くだけ「用意不用力」)患者さんの呼吸を感じていた時突然「ボク・ボク」と音がして仙腸関節のみならず腰椎が大きく動きました。患者さんは眠っていたようです。本人は音がしたのを気づいていませんでした。

腰椎が左側弯し膨隆して硬い筋になっており、治療により軽減しても解消できなかった症状が、側弯が無くなり膨隆が消え筋が柔らかになっていました。がんこな肩こりも改善していました。

院長は「知られざる整体術は妙術なり」を実感しました。

日本古武道伝_南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨