· 

腰痛治療における勘所の考察 ミロク気功整体院_河本馨

正しい診断が最重要である。

①問診による主訴の把握。(場所・症状・経過・医療機関の診断情報・手術など)

②主訴に従い触診による診断(筋による痛みか?神経根による痛み・しびれか?)

痛いポイントをしっかり指示してもらうこと重要、健側と患側の比較検討、該当する椎骨の棘突起の把握。横突起の状態把握を見落とすと痛みや違和感が完全に取れない。筋や腱の把握。ヘルニア特有の内圧など。

治療の反省:

左腰痛で来院。痛いポイントは左腸骨と腰椎5番の左横突起の延長線の交点。

南龍整体術を施術し股関節・骨盤・腰椎の調整が終わり、checkしていただくと、「随分楽になりました!」、「まだ痛みがあるんですね!」、「ここです!」、

棘突起は真直ぐである、腰椎の左右の筋の状態も問題ないほど等しい。だが腰椎がわずかに反時計回転している。左を上にして側臥位で気功治療をした。筋が緩んだ。横突起に確り当たるようになった、、、打振法をすると痛い!、、腰椎4番である、、軽く打振すると横突起が収まった。checkしていただくと_「完璧!OK!」でした。

 

日本古武道伝南龍整体術

ミロク気功整体院 河本馨