· 

背高泡立草を抜く、院長は氣功整体感覚の自主トレーニング中

 長岡京市の小泉川、根っ子から抜かれた背高泡立草。

歩くことは人間にとって最良の薬である_Hippocrates,

河本院長は根っ子から背高泡立草を引き抜く、腕の力を使うと握った手のところで切れてしまう、氣功整体術に必要なコツ「膝抜き」が必要だ、背高泡立草が根っ子から抜けてくる感覚を修練し味わっている院長はCOVID-19で休院中の無聊を慰めている、「腕を溶接せよ」寺西御宗家がおっしゃった、そのコツは「踵の活用」であると背高泡立草が教えてくれた。「背高泡立草」は花を咲かせ始めた、今年の芥川賞受賞作品が「背高泡立草」である、